BLOG ブログ
2021.09.06

どれを巻いたらいいの?テーピングの種類と効果

テーピングはたくさんあり、種類や効果が様々です。

巻き方やテンションのかけ方一つで効果が変わってきます。

痛みや違和感などの症状がある方は、一度ご相談ください。

症状に応じた適したテーピングを教えます。

ホワイトテープ

ガッチリ固定したい場合には、ホワイトテープ。

固定用非伸縮(伸びない)テーピングで固定力が強い、テーピングの基本となるテープ。

足首や指の関節や、筋肉を固定・圧迫するために使用。

キネシオテープ

伸縮性が高いキネシオテーピング。

色んな部位に万能にサポート出来るが、固定力は低い。

足首の捻挫予防や筋肉のサポートに効果的。

エラスティックプラス

伸縮性、固定力もあるエラスティックプラス。

少し厚手ではあるが、肩や膝、足首など可動範囲の大きな部位や

プレー中にある程度自由な動きを望む場合に最適。

アンダーラップ

テーピングを巻く時に、下地として肌に直接巻き、しっかりと皮膚を保護します。

アイシングの時の簡単な固定にも利用できます。

※画像引用:リンドスポーツ様、Dメディカル様